私の結婚観をパートナーと共感できる瞬間

私の結婚観をパートナーと共感できる瞬間

私の結婚観をパートナーと共感できる瞬間

私の結婚観と一言に言っても、実は自分でもあまり深く考えたことはありません。

 

既婚者と未婚者によってもきっとそれは人それぞれに異なります

 

結婚前はこんなことになるはずではなかったと、既婚者は大抵一度は考えるでしょう。

 

未婚だった頃の私は、結婚したら子供を産んで仕事を辞め、子供とお揃いのエプロンをしながら一緒に料理をして、休みの日にはパートナーと3人で旅行に行ったり外食をしたりして笑顔の溢れる毎日を思い描いていました。

 

大概の結婚観は自分に甘く、パートナーにも甘えた内容が多く失望してしまう。

 

だけど、それに気づき一緒に苦楽を逃げずに共に乗り越えていくうちに強い家族の絆に変わっていきます。

 

今の私の結婚観は、一人で頑張らず誰か一人でも辛い時は家族で乗り越えて行けるようにそれぞれが思い合ってそれぞれが強く自分の場所で自立していけることが最高の幸せと考えます。

 

お互いに夫婦や親子が目に見えなくとも、想い合っていけるそんな家族を作りたいです。

 

 

結婚ってなに?

「結婚」ってほとんどの方が一度は思うことでしょう。

 

結婚することは簡単だと思います。
紙に名前を書いて、印鑑を押せばいいのです。

 

でも、その紙切れ一枚で2人の人生が変わるのです

 

「私の結婚観」だれもが考えたことがあると思います。
「結婚なんてしたくない」と思っている人も、それがその人の結婚観なのです。

 

では「結婚とはなにか」です。本当の答えはないと思います。
永遠のテーマなのではないでしょうか。

 

独身時代の「私の結婚観」は、愛する人とずっと一緒にいるということ。
愛する人と、運命を共にするということでした。

 

結婚してからの「私の結婚観」は、パズルを組み立てるようにお互いの欠点を補い合い、助け合い、相手を尊重する。

 

悲しみや、喜びを共有し合い、一緒に成長していく。
パズルはお互いの人生なのです。ピースが合わなければパズルは完成しません。
それと一緒だと思います。

 

「恋愛=結婚ではない」というように、「好き、愛している」だけでは成立しないものなのです。

 

自分に合うピースを見つける、相手のピースに合うようにお互いが努力し合うことも大切だと思います。

ホーム RSS購読 サイトマップ

全身脱毛どこがいい/被リンク登録/占いの銀河/わきが手術